【作る】Wavesで始める自分通貨の作り方

images

どうも、ひたらくです!

仮想通貨に没頭して3ヶ月程度経ちまして、
「そろそろ自分で通貨を作ってみたいなー」と思い、
何でも簡単に通貨を作ることが出来る「Waves」を調べてみました。

というわけで、本日は「Waves」を使って
自分の通貨を作って見ましょう!



独自トークン作成

Wavesに公式Wikiがありこちらにトークンの作成が
載っておりました。

  1. まずは、トークンの名前を設定して下さい。 名前の占拠を防ぐ目的で、トークンの名前は重複が可能になっています。ご注意下さい。代わりにアセットIDと呼ばれる識別子により一意に識別可能です。 トークンを検索する場合は、アセットIDを参照して正しいトークンであることを確かめて下さい。
  2. 次に、トークンの説明文を入力します。 この説明文は変更不可能なので、ウェブサイトへのリンクも入力するといいでしょう。
  3. 説明文を入力し終えたら、次にトークンの総供給量を設定します。 供給量は固定にも、後で追加供給可能にもできます。 そのことについては、後でまた説明します。
  4. アセットを分割する際に使用できる小数部の桁数を設定します。 例えば、Bitcoinと同じ8桁に設定すると、そのトークンは0.00000001まで分割できます。 0桁に設定すると、トークンは分割できず、1つ丸ごと送信するしかありません。
  5. Re-issuableは、アセット作成者が後ほどトークンを追加供給可能かどうかを設定します。 ここをチェックした場合、作成者はいつでも追加供給を行えます。 初回の作成時にre-issuableにチェックをした場合でも、後の追加供給時にチェックを外すことで、その後の供給量を固定できます。このことにもご注意下さい。

Name
なまえ。他の通貨とかぶってもOKです。

Description
せつめい。変更できません。URLを含めるといいかもしれません。

Total Tokens
トークンの発行量。「Re-issuable」にチェックを入れることによって後でも追加可能です。
Token Decimals
分割指定。小数点第何位まで分割するか指定します。

Re-issuable
再追加可能にするかどうか。チェックを付けると追加が可能になります。

Fee
手数料。1Waves。

という訳で早速作ってみました

Name
HitarakuCoin

Description
https://evelinks.org

Hitaraku Coin may be used for transactions of items etc. in the application.

Total Tokens
100000000

Token Decimals
8

Re-issuable
チェック

確認画面がでますので、「Conform」を押します。


ポートフォリオ画面で発行されたかどうか確認できます。
発行後すぐにポートフォリオに反映されておりました。

以上で作成完了になります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
思ったよりあっさりと作成出来たと思います。

トークンの作成よりむしろ、Wavesを購入するほうが
ハードル高そうですね(笑)

Wavesの購入はBinanceから出来ますので、まだ解説されていない方はこちらを参考にしてみてください。

※余談になりますが、BinanceからWavesをウォレットに移動した時に掛かった時間は10分足らずでした。
転送速度が他の通貨と比べて非常に早かったです。

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!

      これからも記事を更新し、
      より理解いただける内容にして行きたいと
      思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    日々、ひたすららくして生きる為に試行錯誤しながら生きております。

    ブログでは主に仮想通貨やコンピュータの話題が中心と
    なりますがたまにそれた内容を書くこともしばしば。

    温かい目で見守ってくだされば幸いです。